へっぽこナースの気まぐれ日記

猫好き看護師の日々の出来事や思いを綴っていきます

へっぽこナース通信 Vol.29 今の働き方のスタイル

こんばんは、お疲れ様です!

 

早速ですが、今日は僕の今の働き方について書こうと思います。

今年3月から初めて派遣という形態で病院で働いていました。それまでは働く=正職員(常勤)というイメージでした。

看護師になっていくつか病院で働きましたが、病院見学や面接の時に聞いた話と違うと感じることがありました。当然といえば当然ですが、それっていくら話で聞いても実際にその場所(部署)で働いてみないとわからないところだと思います。

それで不本意ながら、前に勤めていた病院を1年で退職するということになってしまいました。

そこで今回はそういうことをもう経験したくないと思い、いきなり正職員(常勤)で働くのではなく派遣や非常勤で働いてみて、その場所の環境をある程度知ってから、正職員として働ける自分に合った場所を探そうと思っていました。

 

3月から派遣として働いていた病院は、派遣期間は2か月と決まっていました。5月からの契約更新時に正職員として採用の話もありましたが、週3日の非常勤という選択をしました。介護医療院という部署で入院もあまりなく、緊急入院やオペもなく落ち着いた環境でゆったり仕事ができ、ほとんど定時で帰れるのはいいのですが、看護技術は身につかないし、新しく得られる知識は少ないように思います。

 

そこでいくつか非常勤として病院で働いたり、訪問看護をしたり、単発派遣の仕事で病院やコロナウイルスワクチン接種業務、障がい児の放課後デイサービスで働いたりといくつかかけもちしながら働いています。こういう働き方を以前は想像したこともなかったですが、実際に働いてみると色々な職場を知ることができ、様々な看護師、スタッフの方と話すことで視野が広がったり、知識や技術が身についたりと面白いです。

 

そうやって色んな場で働いたり、そこですぐに環境に慣れたり、スタッフの方と気軽にコミュニケーションをとったりできることが自分の強みの1つかなと最近感じています。ずっとそういう働き方をするのもいつか限界がくるかもしれませんし、ずっとこういうスタイルで働き続けるかもしれません。

でも同じ場所にとどまり続けるのは嫌なので、日々行動し試行錯誤しながらより良い働き方ができればと思っています。自分が必要とされる場所で、同じような価値観の方たちと仕事ができたら最高です。

 

今自分に必要なことは今みたいに常に行動し続けながら色んな仕事を経験して、色んなスキルを身につけ、その中から突き詰めたい分野を絞ってそこに集中したいと思っています。今自分が身につけたい技術は”人工呼吸器の取り扱い”です。呼吸器をある程度熟知し触れたら自分の活躍できるフィールドが広がるのではと思います。呼吸療法認定士の資格を持っているのに呼吸器は見れませんとかかっこ悪すぎます(笑)

 

今は自分の思考がかなり散らかっている状態なので、行動し続けながらも自分と対話する時間もしっかり作っていき、やりたいことや成りたい自分の姿を明確化することが当面の課題です。

 

ということでマイペースで色んな現場で働きながらも、自分の内面と向き合う作業もしっかりやっていきます!

へっぽこナース通信 Vol.28 林崎晃寛さんのコーチングを受講して

おはようございます。

最近は夜勤のない生活になり、娘の夜泣きもほとんどなくなり、朝5時に起きれることが増えてきました!自分は昔からずっと早く起きるのが(早朝が)好きです。

 

朝の空気は気持ちがいいし、心に余裕を持てるし、朝は勉強や考え事が捗ります。

子どもが小さいので仕事後はなかなか自分の時間が取りにくいので、朝の子供を起こすまで5時~6時半の1時間半が自分のために使える、レベルアップの時間です。

 

前回の記事で僕が「縁JOYナース部」の林崎彩香さんとお話したということを書きました。林崎さんの旦那さんである林崎晃寛さんはシステムエンジニアコーチングをされている方です。今回モニターを募集しているということで、6月13日早速コーチングを受けさせて頂くことになりました。

 

以下にコーチングを終えたあとwordにまとめたものを一部編集して載せます。

今回は子どものことについて、仕事・働き方について相談させて頂きました。 

 

・ビジョンを明確にするには、考え続けること・行動し続けること

・今の自分から脱出するには、理想の自分の姿になることを求め続けること

・人に話す→手を差し伸べてくれる人→行動→トライ&エラー→成長

・自分にとってワクワクする仕事、ワクワクすることは何かを考え続ける

・体感することが大事。思考だけでは心がついてこない

・何をしてどう感じたか、自分の感覚を大事にする

・何をしたいか、何をしたらどんな気持ちになるか、何をやった時に嬉しいか、自分の 感情が喜ぶかを振り返り書き留めておく

・自分に対しての深堀りをする

→自分が好きなこと・ワクワクすることは何か→人に話す→ビジョンが明確化

・自分のやりたいことをどんどん人に話す

 

林崎さんは27歳という年齢ですが、37歳の僕以上に落ち着いた空気があり、優しい笑顔が素敵な方でした。聞き上手で初対面だったのにとても話しやすかったです。

1時間という時間でしたが、子どものことや仕事のことについて振り返り、言語化し、アドバイスを頂き、とても貴重な時間でした。林崎さんから質問されることで考え、それにより気付くこともあり、コーチングの価値はそこにあるなと感じました。改めてコーチングの良さを再認識できました。

また機会があれば林崎さんのコーチングを受けたいと思います。

 

林崎さんのコーチングを受けてみたいという方がいたら言ってくださいね^^

 

 今日はもともと午後から仕事だったのですが、急遽いつもお世話になっている高齢者施設の訪問看護の応援の依頼を受けたので行ってきます!

午後からは初の仕事である、障がい児デイサービスの仕事があるのでとても楽しみです^^

仕事のことも色々書きたいことがあるので、またの機会に自分の働き方について書こうと思います。

へっぽこナース通信 Vol.27 縁JOYナース部入部

おはようございます。

朝しか自分の時間を確保しにくいので最近は5時に起きるようにしています。

ちなみに昨日は起きれませんでした汗

今のところ勝敗は5勝5敗ぐらいです。

今年2月からは夜勤のない生活をしているので毎朝5時起きでも可能なはず。

5時起きを習慣化できるようにしていきます!

 

朝一でごみ捨てに行ったら家の周り(建売の一軒家が密集しているところに住んでます)でどこからか子猫の鳴き声がしました。この辺はある程度TNRしてもう新たに産まれる子はいないかと思っていたんですが。困った。

 

話は変わって、”フリーランス”の話になります。

僕は5月から常勤という働き方を辞めました。

色々理由はあり、その辺のことはまた詳しく書こうと思います。

看護師にフリーランスという働き方があるのを知ったのは3月、何度かこのブログでも登場している後輩と話した時のことです。

(今は閉店してしまった東大阪イオンのスタバでよく話をしました。昔はよく仕事帰りなどに利用していてすごく好きな場所だったんです)

 

そこでフリーランスについてインターネットで調べてもよくわからず、amazonkindleで本を出しているフリーランスの方の本を読んでもピンと来ずで、結局そのままにしていました。

5月から自分の働き方がいよいよフリーランス化?してきたので、とりあえずフリーランスの方と繋がり直接話を聞きたいとの思いから、インターネットで検索していたら「ゆる活ナースのayakaさん」の存在を知り、早速連絡を取りました。

 

ayaka(林崎彩香)さんは、町田舞さんと3年前に”縁JOYナース部”というオンラインサロンを立ち上げられ、悩める看護師をサポートされています。(彩香さん、舞さん間違っていたら修正するので言ってください汗)

”縁JOYナース部”の目的・理念に共感し早速入部することにしました。

そして、zoomでお二人とお話させてもらいめちゃくちゃ刺激を受け、すごく共感し、いっぱい褒めて頂き(笑)、心が動かされました。

 

お二人からアドバイスを頂き、視野が広がったし、自分の発想の枠を壊してもらった感じです。やっぱり自分の方向性は間違ってないなと思えました。

自分みたいな看護師は少数派ですし(ナースマンなら特に)、こういうスタンスの働き方を言うと否定されることも少なからずあります。

自分の居場所(スタバでいうサードプレイスですね)が増えたというか、ここなら遠慮なく自分の思い・アイデアを発信し、応援してもらえるなと思いました。

 

とりあえず現時点では何も形になっておらず、方向性も具体化していませんが、頂いたアドバイスを元に自分の頭の中を整理し、これから少しずつやりたいことを明確化していこうと思います。

 

縁JOYナース部は月額制なのですが、ayakaさんの「ナースコール押し放題です!」という表現がツボでした(笑)。とにかく思いついたことややりたいと思ったことをどんどん発信し、その中からできそうなものはどんどん軽いフットワークでトライしていきます!

へっぽこナース通信 Vol.26 看護師としての働き方について

こんばんは。

 

いつもシェアしてくださる方、友達、そして知らない方からもスターをもらったりとありがとうございます!

 

自分の備忘録や自分の頭の中を整理するために書いたりすることもあり、目線が読者目線ではない記事もあるかと思いますが、その際は気にせずさらっと流して頂ければと思います汗

 

僕は現在看護師6年目だということは以前の記事でお話しました。

看護学校時代も挫折ばかりでしたが、看護師として働きだしてからも挫折だらけです汗

新卒で働いた病院は1年半で辞め、次の会社(訪問看護ステーション)は2年ちょっとで辞め(今は非常勤として週1程度働かせて頂いてます)、その次の病院は1年で辞めました。

学生時代は部活(野球→バスケットボール)をやり途中で辞めたことはなかったですし、自分は1つのことを長く続けることができる人だと思っていました。

 

それが看護師になり、1つの職場を1~2年で辞め転々としています。

それぞれの職場で人にも恵まれ、周りにも助けて頂きながら勤めてきましたがこの結果です。専門分野もなく、これといった強みもなく、これがやりたいという強い目標もなくただその時その時をこなすだけで精一杯でした。

看護師には向いてないのではないかと思うこともあります。

そもそも自分は人に興味がないのではないかと思うこともあります。

 

年齢的にも、立場(男として、親として)的にもこのままではいけない、もっと安定しないといけないと感じることももちろんあります。

 

情けないな、かっこ悪いなと思うことも多々あります。

 

そんな僕にも3歳の子供がいて、7月末には第2子も産まれます。

表現は良くないですが、血の繋がっていない子供(19歳・17歳)もいます。

 

この状況を聞いた人からは批判が殺到しそうですが、自分は自分なりに考えて行動し続けながら少しずつは進んでいるつもりです。

 

弱いと言われればそれまでかもしれませんが、人は「変わりたい」「もっと良くなりたい」と思っていてもその通りいかない人も多いのではないかなと思います。

 

とここまで書いてきて、タイトルになかなか近づきませんが汗

現在、僕は非常勤や派遣で色んな病院や施設で働きながら、多くの人の考え方を学んだり、色んな症例を見たりして経験を積んでいます。といっても非常勤や派遣で働くことができるのは限られているので、それが必ずしも自分がやりたいことではないこともあります。でも今のスタンスであれば、比較的自由に働き方を選ぶことができ、その分子供との時間も取ることができるのでよいのではないかと思っています。

 

自分にとって何が向いているのか、自分が必要とされている場所はどこか、没頭してやりたいことは何なのか?今はまだこれといったものが見つかりませんが、考え続けること、行動し続けることで道は少しずつでも開けていくのではないかと信じています。

 

もっと自分に厳しく、人に優しい人間になりたいです。

 

自分の周りにも行動し結果を出している人たちはたくさんいます。

そういう人たちはやっぱりカッコイイですね。

 

口だけでなくしっかり行動し結果を出せる人になります。

へっぽこナース通信 Vol.25 日帰りBBQ@くろんど池

おはようございます!

今朝は5時過ぎに起きられたので少しブログ(日記)を書こうと思います。

 

先日やっとコロナワクチンの注射第1回目を打ちました。

当日は何事もなく安心していたのですが、翌朝起きると注射した左肩が痛くて参りました。副反応で腕が上がらないという話も聞いていましたが、そこまでではなく夕方には痛みもほとんどなくなっていました。

3週間後に2回目の接種があるので、またその時の副反応も書きますね。

 

さて、昨日は妻と子供と3人でくろんど池でBBQをしてきました。

くろんど池は奈良県生駒市にあります。僕も小さい頃によく両親に連れて行ってもらいました。ボートに乗った記憶が残っています。

 

貸しボートの種類は手漕ぎのもの(3人乗り)や足漕ぎペダルボート(4人乗り?)などがあり、アヒルや恐竜の形などがあります。値段は1000円前後~2000円ぐらいまでで時間は20~30分です。(けっこうアバウトな時間設定です)

 

ボート乗り場付近には鯉がたくさんいます。自販機で餌が100円で売っており、餌やりも楽しめます。僕の子供(3歳女子)は楽しんでやっていました。

ボート乗り場付近の池の水深はけっこう深そうなので転落しないように注意してくださいね。ボートは17時までなので16時半以降は乗れません。

 

テントはBBQ禁止という看板がないところであればどこでも張っていい感じですが、一応お店の人(くろんど荘 or 松美屋)に確認してください。

 

ちなみに僕は昨日は先にテントを張り事後報告になってしまいました汗。すみません。。娘のソフトクリームを買いに行ったついでにお支払いしました(^^;)

 

私「あの、すみません。今更なんですが、昼前からあっちの方に小さいテントを張っていてお支払いしたいのですが」

 

おっちゃん「そうなの?今日は向こうの方見に行ってなかったわ」といいながらソフトクリームを作成するおっちゃん。「ありがとう」と言いながらソフトクリームを渡してくれ。そのまま仕事に戻ったおっちゃん汗

 

私「あの、、テントのお金払います」

 

おっちゃん「ああ。じゃあ500円ね」と領収書を書いてくれました。

 

こんなアバウトな感じのやりとりです笑

 

そんな感じで昼前から夕方まで滞在させてもらいまいた。

 

ちなみに駐車場は土日祝はかかりますが、平日は無料です。(場所によっては有料のところもあるかも)

 

少し残念だったのが、釣り人の糸やワーム(ゴム製の疑似餌)が周囲に落ちていたことです。子供から高齢者の方まで多くの方が利用される場所です。自分で出したゴミは必ず持ち帰るようにしてほしいです。

 

また子供を連れて行こうと思います^^

興味のある方、お近くの方は是非一度行ってみてください♪

 

 

 

へっぽこナース通信 Vol.24 看護学校時代の挫折を経て

皆さん、ご無沙汰しております。

1年以上ぶりにブログを再開することにしました。

 

ブログ名も「猫ナースの気まぐれ日記」から「へっぽこナースの気まぐれ日記」に変更し、これからは主に仕事のこと、日々の生活での気付き、勉強メモ等として活用していこうと思っています。

 

少しでも興味を持たれた方は読んで頂き、感想や意見などコメント頂けると嬉しいです^^。ということでまたよろしくお願いいたします!

 

自分は今看護師6年目になります。28歳から看護学校に行き、奈良の准看護学校2年→看護学校2年の計4年かかり32歳で看護師になりました。

 

振り返ると看護学校時代から挫折の連続でした。准看は先生やクラスメートにも恵まれ特に大きく躓くこともなく卒業し試験に合格しました。

 

それが正看護師になるために進学した2年間、その中でも最後の1年間は大きな壁にぶち当たりました。そもそも今までさらっとしか勉強してこなかったので勉強の土台はできていないし、実習では記録を書くのに時間がかかり、ほとんどまともに寝れない状態が続き、ちょっとした失敗でへこみ自分はダメだと思ったり。

 

そんなことがあり、「もう学校をやめよう。准看は持っているしもういいや」と考えるようになりました。そんな時に先生方から何度も辞めないように説得され、いい歳した大人が親まで学校に呼び出され話をされ、クラスメート達にも励まされ、准看護学校時代の先生方からも説得され、体重も10㎏程痩せ(しゃれこうべみたいな顔でした笑)ボロボロの状態でしたが、多くの方々の助けがあり何とか踏みとどまることができました。

 

結果一つ実習を落とし再実習になりましたが何とかそれもクリアし卒業することができました。再実習は12月の非常に寒い時だったのですが、その時に実習担当の先生から「温まるから飲んで」ともらったインスタントの味噌汁が美味しくて、先生の優しさと味噌汁の暖かさを感じ涙が出そうになりながら飲んだことを今でも鮮明に覚えています。

 

こうして振り返ると今の自分があるのは多くの人たちの支えがあったからこそだとあらためて思います。そう考えると本当に自分は人に恵まれているなと感じます。

 

その人たちへの感謝の気持ちを時には思い起こし、人として、そして看護師として自分のやるべきことを日々全力でこなしていこうと思います。

 

自分の人生において何がしたいか、看護師としてどう働いていくか、模索している毎日ですが、立ち止まらず行動し続けていれば少しずつ道は開けていくのではないかと信じ行動し続けます。

 

近々また仕事のことについて書きたいと思っているで、また時々覗いてもらえたら嬉しいです(^^)/

 

ここまでお読み頂きありがとうございました!

猫ナース通信 Vol.23 ストレングスファインダー®ワークショップ

1/25(土),ストレングス&コーチ新大阪主催のストレングスファインダーワークショップに参加してきました。

 

3つのテーブルに分かれ、参加者同士でストレングスファインダーで出た上位5つの特性についてそれぞれ話をしたり、自分が得意なこと、好きなこと、満たされることなどをシェアしたり、参加者同士でお互いの魅力を伝えたり、とにかくアウトプットの多い研修でした。

 

僕は自分の考えていることや、感じたこと、学んだことなどを言語化しアウトプットするのが苦手なので、こういう研修は非常によいトレーニングになります。

しかも、参加者の方は皆さん意識の高い方ばかりで、自分と全然違うタイプの特性を持っていたりするので、話すことで新しい視点を知ることができることもよい学びです。

 

今から約3年程前に「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という本を購入し、その本に付いているストレングスファインダーという自己分析のウェブテストを行いました。

それによって自分の特性を知ったものの、それをどうやって生かしたらよいかわからずにそのままになっていましたが、こくちーずを通して今回このワークショップを知ることができ、参加させて頂き、やっとそれを少し活かすことができるきっかけを得ることができよかったです。

 

自分が満たされていると感じるのはどんな時か?というのをシェアしている時に主催者の大原さんから部下・後輩の育成、教育等、成長を継続的に見れる環境にいることが合っていると思うという感じの言葉を頂き、そうかもしれないなと思いました。

 

そのためには、まず自分自身がもっともっと成長する必要があります。

どっちが上とか下とか、偉いとかそんなんじゃなくて、お互いの良いところを認め合い、より良くなるにはどうしたらよいかを考え、共に向上していけるような人たちと繋がっていきたいなと思います。

 

龍野さん、大原さん、そして参加者の皆様ありがとうございましたm(__)m

これからもアウトプットする力を身に付けていきます!